お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年2月14日金曜日

「ノノノノ」に学ぶ隣の世界の認め方。

 岡崎倫先生の作品は全般的に好きなのですが、その中でスキージャンプを題材にした「ノノノノ」という作品があります。

 本筋のストーリーとあまり関係のないシーンですが、主人公のライバル兼チームメイトの天津が、主人公の恋人兼フィギュアスケート金メダリストのみかげちゃんにジョギングで圧倒的な力の差を見せつけられて負けるシーンが妙に好きです。

「まさか・・・ジョグで女に負けるなんて・・・」

「仕方ないよ・・・君は中学生の日本一で・・・あっちは世界チャンピオン・・・それにフィギアは4分間踊りっぱなしだけど・・・ぼくらはあまり持久力は関係ないし・・・」

「(だがこれほどの差があるものなのか・・・同級生の女と!?) ははは、おれはツイてる。 あんな女が・・・すぐ近くにいるなんて・・・俺は今まで・・・すごく狭い所にいたのかもしれない・・・」


 ああ、いいシーン。すごくいいシーン。それまでストーリー的にも天才扱いされていた天津が、どちらかというとギャグ担当のみかげちゃんにボロ負けする。そんでもってスキージャンプという狭い世界の中で評価され、調子に乗っていた自分を恥じ、相手を素直に認める。

 ものすごく身につまされる思いです。ついつい僕らは自分をつまらないプライドで固め、小さな世界でのつまらない成功や実績を、誇らしげに思ってしまう。でも一歩外に出れば、自分くらいの人間はいくらでもいて、いや自分よりすごい人達もいくらでもいる。自分の世界ではいくらすごくても、外には全然太刀打ち出来ないレベルの人達がいる。そこでついつい「でも自分はあいつには出来ない事が出来る」とよくわからない比較論を持ち出してしまいますが、いやしかし、素直に相手を認め、賞賛する事が大事なのだなぁと。

 多分そうして、違う世界の人達と付き合っていく事こそが自らの能力と個性を育てる最良の方法のような気がします。なんか芸能人とかが色んな世界の人達とで集まって楽しく遊んでるのってそういう事なんだろうなぁと。まして自分が自分の世界でトップレベルに入ってきたら、もう違う業界から学ぶしかなくなっていくんだろうし。


 あー、なんか好きな漫画のシーンを語る会とかやりたい。超やりたい。なんとなく最近ちはやふるも読みなおしてるんだけど、名言の嵐すぎてやばい。