お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2013年1月14日月曜日

【感想】『人格転移の殺人】西澤 保彦

突然の大地震で、ファーストフード店にいた6人が逃げ込んだ先は、人格を入れ替える実験施設だった。法則に沿って6人の人格が入れ替わり、脱出不能の隔絶された空間で連続殺人事件が起こる。犯人は誰の人格で、凶行の目的は何なのか? 人格と論理が輪舞する奇想天外西澤マジック。寝不足覚悟の面白さ。


SFとミステリーのコラボ、というかもはやミステリーの皮をかぶったSFと言った方が正しいような気がします。「もう別に誰が誰殺したとかどうでもいいや」と思わず思ってしまう。それがつまらないからではなく面白いからこそ思えるという良い作品でした。

謎解きって部分で言えば、まあ想像の範囲内ではあるし、ミスリードの方が全然納得いかない推理なので、一応結末としてはしっくりきているのですが、うん、ほんと、その部分はどうでもよくなりますね。

個人的には人格転移装置の作られた目的というのが、実にほほえましいというか、確かにこんなものが日用品としてある世界であるならば、そういう目的に使うよなぁ、となんだかひどく納得してしまった次第です。そこが一番面白かった、と言えない事もない、というか。